F1

【眠らない街で輝くF1の夜】2023 F1ラスベガスGPの見どころ5選

本ページはアフィリエイト広告を利用しています

こんばんは。ひでまるこです。

今週末は、1年で最も煌びやかで、最もエキサイティングな夜がやってきます。

世界有数の観光地とされ、ギャンブルの街としても有名な

ラスベガスにF1サーカスがやってきます。

眠らない街ラスベガスに世界最速マシンのF1がどんなショーを見せてくれるのか!?

今から楽しみで仕方ない第22戦ラスベガスGPの見どころ5選を紹介します。

いつも通りF1観戦を盛り上げる開催国の料理やお酒も紹介します。

ラスベガスGPの放送時間

まずは、放送時間をチェックです。

セッション 日本時間 現地時間
FP1 11月17日(金)13時30分 11月16日(木)20時30分
FP2 11月17日(金)17時00分 11月17日(金)00時00分
FP3 11月18日(土)13時30分 11月17日(金)20時30分
予選 11月18日(土)17時00分 11月18日(土)00時00分
決勝 11月19日(日)15時00分 11月18日(土)22時00分

フジテレビONE・TWO・NEXT では、

フリー走行(FP)と予選はレース開始10分前、

決勝は40分前から放送されます。

DAZN(ダゾーン)でもフリー走行(FP)、予選、決勝と全セッション生配信です。

【2023年版】F1おすすめ視聴方法(フジテレビNEXTとDAZNを徹底比較)本ページはアフィリエイト広告を利用しています おすすめのF1視聴方法が知りたい方のために。 こんにちは。ひでまるこです。 ...

ラスベガスGPの決勝時間は、なんと現地時間で22時00分!

眠らない街にふさわしいナイトレースになる予感です。

日本では昼間の開催となるので、とても観戦しやすい時間帯になっています。

ラスベガス市街地コースとは

ラスベガスの街に突如として現れるラスベガス市街地サーキットは、

F1のためだけに造られる仮設のストリートサーキットです。

全長はベルギーのスパ・フランコルシャンに次いで2番目に長いサーキット。

最長1.9kmにも及ぶロングストレートが3本もあり、

高速サーキットで有名なイタリアのモンツァ・サーキットに次ぐ、

2番目の最高速が出ると予想されています。

ただし、ロングストレートを低速コーナーでつなぐレイアウトは、

メカニカルグリップを確保しつつ、トップスピードは損なわれないようにしないといけないため、マシンセッティングのバランスが重要となります。

画像出典:FORMULA1-DATA

DRSゾーンは2箇所となっており、5コーナーと14コーナーはオーバーテイクポイントとなりそうです。

サーキットの概要は以下のとおり。

サーキット名 ラスベガス市街地コース
所在国 アメリカ
設立年 2023年
全長 6,120メートル
コーナー数 17
周回 反時計回り
周回数 50周
ピット長 / 損失時間 XXXm / XX.X秒
DRSゾーン 2箇所(4から5コーナーにかけて、13から14コーナーにかけて)
タイヤ ハード:C3、ミディアム:C4、ソフト:C5
平均速度 XXXkm/h
最高速 XXXkm/h

タイヤは、ハード:C3、ミディアム:C4、ソフト:C5と

最も柔らかいコンパウントが設定されています。

反時計回りで低速コーナーが多いため、右リアに負荷がかかる傾向です。

ラスベガスGPの見どころ5選

2023年ラスベガスGPの見どころ5選を紹介します。

1.いつもとは違う雰囲気のレースに注目!

今までに見たことがない雰囲気のレースが見れる!

それがラスベガスGPに期待したいことの1つでもあります。

F1グランプリの中で特別なグランプリの代表といえばモナコGPです。

モンテカルロの市街地で開催されるレースは、

他のレースでは見られない特別なものとなっています。

そして、夜も煌びやかで、一攫千金の夢があり、

世界のどの街でも見られない雰囲気があるラスベガスは、

モナコと同様に、他では見ることができないレースになる予感がしています。

レース展開だけでなく、その街の風景や雰囲気までも新しいものが見れる予感。

誰も見たことがない新しいF1グランプリに注目したいと思います。

2.初開催のラスベガスで優勝は誰の手に!

文字通りラスベガスGPは、今年が初開催となります。

過去には、1982年にシーザーズ・パレスGPとして、

このラスベガスの地で開催されたことがあったものの、

当時と今回とでは、まったく異なるレイアウトであり、

わずか2回の開催で終了している。

新たにラスベガスGPとしてまったく別物に生まれ変わったグランプリとなります。

そんなラスベガスGPで優勝することは、

新たなにF1の歴史に名を残すことになります。

初ポールポジションは、誰の手に!

初優勝は、誰の手に!

初ファステストラップは誰が獲得するのか!

初リタイアは誰なのか?

初モノづくしのラスベガスGPに注目が集まります。

ちなみに私の予想は、

初ポールポジション:フェラーリのルクレール選手

初優勝:レッドブルのフェスルタッペン選手

初ファステストラップ:マクラーレンのノリス選手

です。

3.フェルスタッペン選手の優勝最多記録更新なるか

前戦のサンパウロGPでは、レッドブルのフェスルタッペン選手が優勝し、

17勝目の優勝最多記録を更新しました。

今シーズンの勝率も73.9%となり、

破られることはないと思われていた

2004年に皇帝ミハエル・シューマッハが記録した

勝率72.2%を更新しました。

ドライバー名 年代 勝利数 GP数 勝率
ミハエル・シューマッハ 2004年 13 18 72.2%
セバスチャン・ベッテル 2013年 13 19 68.4%
マックス・フェルスタッペン 2022年 15 22 68.2%
マックス・フェルスタッペン 2023年 17 23 73.9%

ここまで来ると、フェルスタッペン選手が今シーズンどこまで勝利数を伸ばすことができるのか気になるところです。

ラスベガスGPで18勝目を飾ることができるのか!?注目です。

ただラスベガスGPは、市街地サーキットでありナイトレースであることを考えると

連勝記録がストップしたシンガポールGPのことが頭を過ります。

同じような展開になる気もするので、気になるところです。

4.低温グランプリが及ぼす影響とは

2023年のF1カレンダーが発表されてから懸念されていた

ラスベガスGPの気温。

ラスベガスはもともと砂漠地域ということもあり、夜になると気温が大幅に下がります。

今週末の天気と気温は、以下の通りの予想です。

日付 天気 最高気温 最低気温
11月16日(木) 晴れ 22℃ 12℃
11月17日(金) 曇り時々晴れ 21℃ 12℃
11月18日(土) 晴れ時々曇り 21℃ 10℃
11月19日(日) 晴れ時々曇り 18℃ 11℃

天気は良さそうですが、

気温はナイトレースということもあり、

10℃近くまで下がりそうです。

今週の東京も急に気温が下がり、ちょうどラスベガスと同じような気温になっています。

肌身で感じている状況でF1グランプリが開催されると思えばわかりやすいですね。

気温が下がることで、タイヤパフォーマンスへの影響が懸念されています。

タイヤは、基本的に熱が入らないと最大のグリップレベルにならないため、

パフォーマンスを発揮するのが難しくなりそうです。

また、バッテリーが低温環境が得意ではないとされています。

気温がレースやマシン、ドライバーに与える影響は気になるところです。

しかし、これまでもF1は10℃を下回るような環境でオフシーズンに

テストをしてきたこともあり、これくらいは問題ないかと思っています。

むしろ見ている観客の方が気になるところです。

観客の皆さんの服装にも注目したいと思います。

5.ユウキ・スクーデリア・アルファタウリ行きます!

前戦のサンパウロGPで5ポイントを獲得した角田選手。

反省点の多かったメキシコGPの経験を活かしたポイントの獲得は、

とても可能性を感じるものでした。

コンストラクターズランキングでは、

8位までアルファタウリが浮上し、

7位のウィリアムズとは7ポイント差となっています。

残り2戦でウィリアムズより前の順位でフィニッシュすることが重要となります。

その流れで迎えるラスベガスGPで角田選手が再びポイント獲得できるのか?

直線番長であるウィリアムズは、ロングストレートがあるラスベガスは得意かもしれません。

まずは、予選でアルファタウリがウィリアムズの前に出ることが重要です。

そして、予選の速さといったら角田選手になります。

リカルド選手と共にコンストラクターズランキングを争う角田選手の走りに注目してみてください。

ラスベガスGP観戦のお供に

ラスベガスGPを見るのに最適な飲み物と食べ物を紹介したいと思います。

まずは、飲み物から!

ボジョレー ヌーヴォー

毎年11月の第3木曜日に解禁される

フランス産の有名なワインである「ボジョレー ヌーヴォー」

2023年は、11月16日に解禁され、

今年は猛暑の影響でブドウが小粒だったものの、

果実は甘く芳醇な香りが楽しめるとのこと。

しかも価格が例年よりも1~2割ほど安くなっています。

煌びやかなラスベガスの雰囲気をワイン片手に楽しむのもいいかもしれません。

ハイネケン 0.0

今回、眠らない街ラスベガスにおすすめの飲み物として紹介するのが、

なんとノンアルコールビール!

10月から日本国内でも販売が開始された

ハイネケン 0.0 です。

今回のラスベガスGPでもスポンサーとなっている、

世界No.1ビールと言ってもいいハイネケン。

ビールと同じように醸造し、アルコールだけを除去したという

本物のビールと遜色ない味わいを是非お試しください。

ホットドッグ

アメリカでスポーツ観戦と一緒に食べたいものいえばホットドッグです。

アメリカのホットドッグは、めちゃくちゃ大きいので食べ応えあり。

こちらはパンと自家製ソーセージがセットの商品。

これだけ頼めばホットドッグが作れます。

最後のまとめ

今シーズンのF1も残り2戦となり、いよいよ終盤となります。

既にドライバーズチャンピオンもコンストラクターズチャンピオンも決まり、

レッドブルのフェスルタッペン選手がどこまで記録をのばすことができるか

注目が集まっていますが、ラスベガスGPは今年開催するグランプリの中でも

最も注目度が高いグランプリです。

カジノで有名な眠らない街ラスベガスで、

F1が開催されるなんて思ってもみませんでした。

そんな夢のようなことが現実になったラスベガスGPで、

どんなF1ショー(レース)が繰り広げられるのか?

煌びやかな街を走り抜けるF1マシンは、どのように映像として映るのか?

今からワクワクして眠れません。

皆さんもこの特別なナイトレースを楽しみませんか!?

今まで見たことがないF1グランプリがついに開幕します。

F1は、スカパーのフジテレビNEXTやDAZNで視聴することができます。

もし視聴を検討してましたら、参考までに以下のブログを読んでいただけたら幸いです。

【2023年版】F1おすすめ視聴方法(フジテレビNEXTとDAZNを徹底比較)本ページはアフィリエイト広告を利用しています おすすめのF1視聴方法が知りたい方のために。 こんにちは。ひでまるこです。 ...